合宿免許はどんな点が、普通の免許取得と異なるのか

自動車の運転免許を取得するために一定期間、宿泊施設に滞在して、集中的に教習を受けていくのが合宿免許です。通常、運転免許を取得するためには教習所に通い続ける必要があります。そして、運転免許取得のために必要な教習のプログラムを消化していく必要があります。しかし教習所の混雑具合と自分の予定の都合によっては、なかなかプログラムを消化することができない、実技の自動車運転になかなか空きが出ないと言うことも少なくありません。

しかし合宿免許の場合は、あらかじめ『この日にはこのプログラムを消化する』と言った計画が立てられています。



そこに教習場の混雑具合は関係ありません。そのため、非常にスムーズにプログラムを消化することができます。

それが、合宿免許と普通の免許取得との間にある、最も大きな違いです。
また普通の免許取得の場合、卒業検定に不合格ですと再び卒業検定を受けるための予約をとる必要が生じます。
また、そのための料金も発生してしまいます。

しかし合宿免許の場合、卒業検定に不合格だった場合のこともあらかじめ考えた上でスケジュールが組まれていることも多いです。わざわざ再検定の予約をとる必要がない、そして追加利用金支払いの心配もないと言うのも、普通の免許取得に比べると大きな違いです。



ただし、普通の免許取得は自分のペースで教習所に通うことができます。

教習所への申し込み自体は、いつでも可能ですし、それほど運転免許取得を急がない人であれば、のんびりとプログラムを消化していくことも可能です。

しかし合宿免許の場合は、開催される時期、終了する時期までしっかりと決められています。



ですからその時期に、その計画に合わせた日程を組める人でなければ、参加自体が難しいため、それも普通の運転免許取得と異なる点と言えます。