省エネ対策はお家に居ながら簡単に行うことができます。意識するのは普段の生活の見直しがポイントで何気なく行っていた行動に少し変化を起こすことで、それが省エネへと繋がってくれます。例えば省エネ対策ではエアコンの扱い方ひとつでそれが大きく変化する家電製品です。できるだけ負担をかけないようにフィルターの清掃はできるだけこまめにするようにします。

その理由としてフィルターにほこりが溜まり目詰まりを起こすと、冷暖房効率が下がることにつながってしまい、それがやがては無駄な電気を消費してしまう可能性も無視できません。基本は2週間に1回のフィルターの清掃を心掛けることをお勧めします。その成果でエアコンの冷房では約4パーセントほど、暖房で約6パーセントの消費電力節約となってくれます。また扇風機を使って風向きを同時に調整すると、冷房効果を十分に発揮させることが可能です。

基本的に冷たい空気ほど下に溜まり、逆に暖かい空気は上のほうに集まる性質があるので、エアコンで冷房を使用する際には風向き設定は水平に選択し、暖房では風向き設定を下向きに行うとよいです。照明もできるだけ普段からあまり使用しない部屋や長い間部屋を空ける場合は、点灯時間をできるだけ短くするためにも必要のない明かりはこまめに消してあげるのが大切です。ポイントは節電では照明をつけて7秒以上使う場合はそのままつけっぱなしで大丈夫ですが、7秒以上その場から離れる場合は照明は消灯した方が節電につながり省エネ対策ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です