最近は中国で停電が続きニュースになっていましたが、国が発展する上で電力は不可欠です。途上国では停電が頻繁に起きますし、田舎に行きますと電力が来ていないところもあるのです。そのような中で省エネは非常に重要であるといえます。インドは13億の人口を抱えており、増え続けています。

そのため、電力の確保が国の発展に直結してきます。そこで、インド政府は電球をLEDに交換することで省エネをしたのです。従来型の電球はほとんど売っていないので、LEDに換えなければいけません。LED電球は買う時は少し高いですが、消費電力が少なくてすみますし、寿命が長いのでメリットが大きいです。

寿命が長いというのは交換の手間も省けますので、年配の方にとってもいいです。一般家庭では違いをそれほど実感できないかもしれませんが、大きな施設になると使用する電力が大きいので節約になります。省エネは非常に大事であると言えます。なぜなら2040年には、世界人口が100億になると言われているからです。

それほどの多くの人が生きていくためには、大きなエネルギーが必要になります。生活レベルが上がると、それと合わせて使用する電力が増えるからです。世界人口が増えるというのは、地球に対する負荷が増すことなのです。それで、1人1人が省エネを意識して環境を大事にする必要があります。

そうしなければ、地球を維持していくことが難しくなり、生活出来なくなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です