省エネといえば一般家庭でも古くから使われてきた言葉になり、電気やガス、石油などの消費を少しでも少なくする行動が該当しています。一般家庭では太陽光発電を導入し、クリーンエネルギーを自家発電しながら電力会社からの供給量を減らす方法は既に知れ渡っている方法です。個人ではなく企業の場合では、省エネに力を入れることで、一般家庭とは比較にならない程の節電を行えます。その方法は一般家庭と共通していますが、太陽光発電を導入する方法になり、ビルの屋上に大量のソーラーパネルを設置する方法、空いている敷地内にも設置する方法、更に大容量の蓄電池を設置する方法で省エネ効果を実感することができます。

この範囲であれば会社内で消費する電力全てをソーラーパネルから賄うことができる他に、大型の蓄電池を適切な数を設置することにより、余剰電力も無駄にすることはありません。初期投資費用は多額になるものの、数年後を見据えた場合では結果的に初期投資費用は短期間で回収することができる場合が多いので、将来的には電気料金を完全に無料にできる他に、供給量が多いという企業では新電力会社へと売電する方法も使えます。ソーラーパネルで作り出した電力は、会社内や工場内で使うことの他、電気自動車を営業車にした場合でも、いつでも充電できるように設備を設けると、今までのように高額なガソリン代をゼロにすることに成功できます。短期的な視野ではなく中長期的な視野で検討するとメリットしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です