日阪は1953年に日本国内で初めてプレート式熱交換器を開発した産業機械メーカーです。この会社は大阪市北区に本社があり、1941年に創業されてから様々な産業機械を製造してきました。プレート式熱交換器にはブレージング式とガスケット式の2種類があり、熱伝導率が非常に優れています。以前は海外からの輸入に頼っていましたが、日阪が国産化に成功したことで輸入に頼らなくても高品質なプレート式熱交換器を導入できるようになりました。

日阪は国産プレート式熱交換器のパイオニアであり、現在でも伝熱性能の向上に取り組んでいます。熱交換器には多管式や空冷式など様々なタイプがありますが、特にプレート式は熱伝導率が優れているだけでなく軽量かつコンパクトです。高性能で設置場所に広いスペースが不要なため扱いやすく、製造業の現場で広く採用されています。このタイプは重ねた伝熱プレート間を高温と低温の流体が交互に流れ熱交換を行っており、わずかな温度差も最大限に活用できます。

ブレージング式は耐圧性能が高く熱交換効率が優れており、一般的な熱交換器の中では最小サイズです。しかも低コストなので導入しやすいというメリットがありますが、分解できないためメンテナンスが難しいというデメリットも存在します。ガスケット式は全体を分解できるためメンテナンスが容易で、プレートの枚数を増減させて伝熱面積を変更できます。ただしブレージング式と比べると多少大型で設置場所にメンテナンスのためのスペースが必要です。

理想的な熱交換器を導入したいのであれば、様々な製品を取り揃えている日阪に相談するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です