日阪は大阪市北区に本社がある産業機械メーカーで、プレート式熱交換器の日本におけるパイオニアとして知られています。この会社は1941年に創業し、1953年には日本で初めてプレート式熱交換器を開発しました。長年にわたって技術開発を行っており、豊富な経験と優れた技術力を備えた会社です。プレート式熱交換器にはブレージング式とガスケット式の2種類があり、伝熱性能が非常に優れているだけでなく軽量かつコンパクトです。

広い設置場所を必要とせず、効率的に熱交換を行うことができるため幅広い用途に使われています。重ねた伝熱プレート間を高温と低温の液体が交互に流れる構造になっており、わずかな温度差も最大限に活用できます。ブレージング式は耐圧性能が高く熱交換の効率が優れており、低コストで一般的な熱交換器の中では最小サイズです。ただし分解できないためメンテナンスが難しく、流路に詰まりが生じることがあります。

ガスケット式は分解できるのでメンテナンス性が優れており、プレート枚数を任意に増減させて伝熱性能を変更できます。ブレージング式と比べると多少サイズが大きく、設置場所にメンテナンスのためのスペースが必要になる点がデメリットです。プレート式熱交換器の導入を検討しているのであれば、実績豊富な日坂に相談するとよいでしょう。日阪では優れた製品を開発するだけでなく、様々な熱ソリューションの提案も行っています。

顧客のサポートが充実しているので、日阪に相談すれば高品質なプレート式熱交換器を理想的な条件で使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です