日阪は大阪市北区に本社がある産業機械メーカーで1941年に創業され、1953年には国内で初めてプレート式熱交換器を開発しました。同社はプレート式熱交換器のパイオニアであり長年にわたって優れた製品を製造し続けてきましたが、近年では顧客のサポートをより重視するようになっています。性能の優れた製品を提供しても、理想的な環境で使われなければ十分な効果を発揮することはできません。日阪は顧客企業が業績を向上させるために必要となる様々なサポートを行っています。

この会社は長い歴史を持つ老舗の産業機械メーカーで、特にプレート式熱交換器や染色機械の分野ではトップクラスのシェアを誇ります。また食品や医薬品など生活産業機器にも力を入れており、ボールバルブも高いシェアを占めています。主力商品のプレート式熱交換器には引取りによるメンテナンスサービスがあり、予備部品の提供や現地作業員の派遣なども受けることができます。日阪では日本国内の全ての顧客に安心と信頼を届けることを目標に、充実したアフターサービスを提供しています。

この会社の熱交換器はメンテナンスオプションが豊富に用意されており、無開放洗浄や現場での性能測定なども可能です。日阪の熱交換器部門には5つの主力事業だけでなく、顧客の抱える課題を解決するエンジニア集団が存在します。5つの主力事業とエンジニア集団がマトリクス組織を構成していて、熱交換器を使用する際に生じる様々な問題に適切な解決策を提案してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です