日阪は大阪市北区に本社のある産業機械メーカーで、国産プレート式熱交換器のパイオニアとして様々な製品を作り続けてきました。この会社は1953年にプレート式熱交換器の国産化に成功し、現在も国内市場においてトップクラスのシェアを占めています。プレート式熱交換器は伝熱性能が非常に優れており、軽量かつコンパクトなので様々な産業で不可欠な存在です。ブレージング式とガスケット式の2種類があり、後者は分解可能なのでメンテナンスが容易です。

熱交換器のように流体として水を通す装置は、水中のカルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって内壁に付着します。水が何度も蒸発を繰り返すと無機塩類が濃縮されてスケールとなり、性能低下や故障の原因になります。事業を円滑に運営するためには、定期的にメンテナンスを行ってスケールを取り除き性能を維持することが大切です。ブレージング式は分解できませんが、低コストで一般的な熱交換器の中では最小サイズというメリットがあります。

ガスケット式は分解可能ですが、ブレージング式より多少大型でメンテナンスのためのスペースが必要です。熱交換器の導入を考えている場合には、様々な製品を揃えているだけでなく熱ソリューションを提案してくれる日阪に相談するとよいでしょう。日阪は長年にわたって優れた製品を製造することを目標としていましたが、最近では熱交換器の性能を最大限発揮させるためのサポートにも力を入れています。理想的な使用条件や最適な設計手法など、様々な熱ソリューションを提案してくれるので安心して熱交換器を導入できます。

日阪のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です