熱交換器は汎用性の高い産業設備なので、あらゆる分野の産業現場で目にすることができます。そのためプラントや施設によっては年間を通じてフル稼働しているケースも珍しいことではありません。その一方で、長期にわたり稼働し続ける熱交換器は劣化も進みやすく、定期的な点検や迅速なメンテナンスを怠れば、やがて何らかのトラブルを招くことにもなります。特に熱交換器スケールの蓄積からトラブルにつながるケースは典型的。

さらに深刻になると、プレートガスケットの劣化さらには貫通割れといったケースへと発展することもあり得ます。したがって普段から徹底的な点検を実施し、もし異常を認めても迅速なメンテナンスが実現できるように、現場レベルで備えることが求められます。そもそも熱交換器を産業現場に導入する段階で、熱交換器スケールが蓄積しないタイプを採用することも肝心です。例えばプレート式熱交換器もその1つ。

これは伝熱プレート上にヘリンボンパターンのような波形状を施した、流体促進構造を特徴とするタイプです。意図的に意図的に伝熱プレート間の流体を乱すことで温度を均一化し、同時に熱効率を高めます。そして注目すべきが自己洗浄機能です。流体促進構造によって熱交換器スケールの付着を最小限に抑制するので、熱交換器を稼働しながら同時に洗浄する状態を実現します。

もちろんこのように優れた機能のプレート式であっても、定期的な点検やスピーディーなメンテナンスは必要不可欠です。あらかじめ専門メーカーに委託しておけば、緊急時の混乱を回避することもできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です