ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、様々な業種の産業現場で熱交換器を目にすることができます。このように汎用性の高い機器であるため、年間を通じてフル稼働している産業現場も珍しくありません。その一方で長期にわたりハードに使用し続ければ、やはり何らかのトラブルが目立つようになります。特に定期的なメンテナンスが徹底されていなかったり、速やかにメンテナンスできないような現場では、トラブルの発生率が高まるのも必然と言えるでしょう。

そのトラブル原因としては色々と考えられますが、やはり熱交換器スケールは見逃せません。スケールは水溶性のカルシウムやマグネシウムなどの物質が析出して固まったもの。伝熱プレートや配管内を流れる水に混じった不純物の濃度を高め、結果的に産業現場で必要になる熱供給ができずに、生産性の低下といったリスクにもつながることがあり得ます。それどころか熱交換器スケールを放置し続ければ、その箇所が腐食したり貫通割れを起こし、生産ラインそのものが停止に陥ることも考えられます。

いずれにせよ普段から定期的なメンテナンスを徹底し、迅速にメンテナンスへ移行できる体制を整えておくことが、現場レベルでは求められるでしょう。また熱交換器スケールの付着し難いタイプを導入することも、リスク回避には効果的と言えます。例えばプレート式熱交換器は流体促進構造と呼ばれる独自の仕組みで、高い熱効率を実現。その上、自己洗浄機能によってスケールが付着し難く、容易なメンテナンスや製品寿命の延命といった、様々なメリットも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です