熱交換器スケールの対策方法の中でも最も広く採用されているのは、強酸性の洗浄液です。他にも赤錆剥離・除去電磁気装置や軟水器、ろ過器などを使う方法がありますが強酸性の洗浄液はコストパフォーマンスが優れています。水の中にはカルシウムやシリカなどの無機塩類が含まれており、蒸発を繰り返すと急速に濃縮されて熱交換器スケールになります。熱交換器スケールは非常に硬くて水に溶けにくいため削り落とすのは困難ですが、強酸性の洗浄液を使えば素早く溶かすことが可能です。

流体として水を通す装置を使い続けていると、次第に無機塩類が析出して性能を低下させます。熱交換器スケールを放置していると最終的には故障させてしまうので、何らかの対策を講じなければなりません。赤錆剥離・除去電磁気装置を使う場合はランニングコストが安くて効果の永続性が優れているというメリットがあります。危険な薬品を使わないため安全性が高く、赤錆も一緒に除去できます。

ただしこの装置は導入時に一定の費用がかかり、即効性が低いため蓄積したスケールを素早く除去できません。軟水器やろ過器を使えば無機塩類を除去できるのでスケールが発生しなくなります。しかし導入と維持に多額の費用がかかり経済的な負担となってしまいます。強酸性の洗浄液を使えば蓄積したスケールも短時間で除去できるので効率的です。

費用を抑えつつ迅速に熱交換器スケールを除去したいのであれば、強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です