熱交換器スケールは次第に蓄積して厚くなり、性能低下や故障の原因になります。ろ過器や軟水器を使って原因となる物質を除去してしまえば、発生自体を防ぐことができるので安心です。ろ過器や軟水器を使って熱交換器スケールの原因となるカルシウムやシリカを除去する場合、導入と維持に多額の費用がかかります。確かに原因となる物質を取り除いてしまえば熱交換器スケールに悩まされずに済みますが、経済的な負担を考慮しなければなりません。

費用を抑えつつ熱交換器スケールを除去したいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。赤錆剥離・除去電磁気装置は熱交換器スケールだけでなく赤錆にも効果があり、ランニングコストが安いのが特徴です。効果の永続性も優れているため、長期間にわたってスケールや赤錆を取り除くことができます。この装置は危険な薬品を使わないので安全性も高く、設備を止めなくても装着できるというメリットもあります。

ただし赤錆剥離・除去電磁気装置は即効性が低いため、既に蓄積したスケールを除去するのには適していません。まだスケールがあまり蓄積しておらず、赤錆も一緒に除去したいのであればこの装置を使うのがおすすめです。費用を抑えつつ短時間で蓄積したスケールを除去したい場合には、塩酸など強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。基本的に強酸性の洗浄液は危険性が高く金属を腐食させるというデメリットがありますが、短時間でスケールを溶かすことができます。

市販されている洗浄液の中には安全性が優れていて金属の腐食が少ないタイプもあります。洗浄力と安全性を両立したタイプならば、安全かつ迅速にスケールを取り除くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です