設置後しばらくは順調に稼働していた熱交換器も、次第に効率が低下してくる場合があります。そのような場合には、配管内に問題が発生しているケースがありますので、適切な処置を行うことが望ましいものです。効率低下を引き起こすもっとも大きな要因と言われるのが熱交換器スケールで、これは排水管内の循環する水分に含まれているカルシウムやマグネシウムが析出し付着したものです。かなり強固に付着する熱交換器スケールは、配管内にこびりつくために循環する水量が低下して効率の悪化の原因となります。

析出した熱交換器スケールは容易に除去することが困難であり、専門の会社の作業で取り除いてもらうのが正解と言えるでしょう。洗浄液(薬品)を使用して熱交換器スケールを除去することに長けている会社がありますので、設備の調子が優れない場合にはまずは一度問い合わせてみることをおすすめします。付着した成分は固着の度合いが強く、タワシなどで擦り落とすことができませんので、適切に薬品を利用した除去作業を確実に行ってくれる会社に任せるのが一番安心で安全であると考えてください。熱交換器スケールの除去作業によって、装置本来のパフォーマンスが再び発揮できるようになることが期待できます。

効率の低下や配管内の水流が低下していたりつまりが発生していたりする場合には、早急に対処ができる会社への連絡が望ましいでしょう。情報を集めたウェブサイトでは、除去作業についてチェックすることができますので、まずはアクセスをしてみてください。熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です