ボイラーや冷却施設など、快適な生活を支える様々な装置で熱交換器が使用されています。この装置は常に過酷な使用条件で稼働しているものであり、適切なメンテナンスを行わなければ本来の性能を発揮することが難しいものです。効率の低下や燃費の悪化など、不調が見られるようになった場合には装置に「スケール」が付着して内部の水流を低下させている事が考えられます。一定期間利用している装置では、熱交換器スケールの付着の状況は異なりますが、ほぼ必ずと言ってよいほど除去作業が必要となってくると言えるでしょう。

熱交換器スケールは、水分の中に含まれているミネラル分が少し実時間をかけて析出したものが固着した状態のものを指します。きわめて固く、こすっても除去することは困難な物質ですので、専用の洗浄液などの薬品を使用した除去作業が必要です。適切なメンテナンスで熱交換器スケールを取り除くことで、装置の状態が良くなり効率アップや燃費の改善につながることが期待できるでしょう。専門に熱交換器スケールの除去やメンテナンスを実施している会社に依頼することで、総合的に状況を判断して適切な対処をしてもらうことができます。

機器の適切な稼働状況を守るという観点からも、定期的な熱交換器スケールの除去などメンテナンス作業を依頼することも良いでしょう。不具合を放置しておくと最悪の場合装置の故障や交換など、かなり大きなコストがかかる場合がありますので、メンテナンスによって適切な状態を守っていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です