熱交換器スケールを効率的に除去したいのであれば、企業ごとの営業スタイルに合った方法を選ぶ必要があります。例えば資金に余裕があり熱交換器スケールの発生自体を防ぎたい場合には、ろ過器や軟水器を導入して原因物質を除去するとよいでしょう。あまり資金に余裕はないものの、長期的に熱交換器スケールの発生を抑えたい場合には、効果の継続性が優れている赤錆剥離・除去電磁気装置がおすすめです。コストを抑えつつ蓄積した熱交換器スケールを除去したいのであれば、塩酸など強酸性の洗浄液が効果を発揮します。

ろ過器や軟水器は熱交換器スケールの原因になるカルシウムやシリカなどの無機塩類を除去し、水質を改善してくれます。スケール自体が発生しなくなりますが、装置を導入して維持し続けるには多額のコストが必要です。資金に余裕があり、無機塩類を除去してスケールに悩まされることなく営業活動を行いたい場合にはこれらの装置を導入するとよいでしょう。赤錆剥離・除去電磁気装置は即効性が低いもののランニングコストが安く、効果の継続性が優れています。

危険な薬品を全く使わないので安全性が優れており、工場の設備を止めなくても装置を設置できます。この装置はスケールだけでなく赤錆に対しても高い効果を発揮します。強酸性の洗浄液は基本的に危険性が高く金属を腐食させるというデメリットがありますが、短時間で蓄積したスケールを溶かすことができます。安全性が高く金属の腐食も少ないタイプの洗浄液もあるので、素早くスケールを除去したい場合に試してみるとよいでしょう。

熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です