合宿免許のいいところ

自動車免許を取得する場合には、自宅の近くか学校の近くあるいは職場の近くの自動車教習所に数か月通ってというケースが一般的でしょうが、時間の余裕があれば、合宿免許の施設で所得するのもいいものです。

何がいいかというと、じっくりと技量を磨けるということが第一です。



通いの教習所では、どうしても個人ベースの実技練習とかの活動になりがちですが、合宿免許であれば、もちろん実技そのものは個人ベースですが、一緒の仲間と切磋琢磨するというか、お互いに参考にしたり、助言し合ったり、聞き合ったりとグループベースでの活動になることがあるからです。心強いかぎりであり、どうしても迷ったり、困ったりすることが発生しますが、一人で悶々と悩まなくて済み、共通の目的に向かって前進できるところがいいわけです。
次に、技量を徹底して磨けるという点があります。

どのようなことでも、たとえばスポーツ競技などもそうですが、一時集中して徹すると、そのことに必要な感覚(センス)を身に付けることができると言われています。

頭でわかっているだけでは運転技術は磨けません。


その意味では、集中することによって技量を磨くのに合宿免許は最適なのです。

免許合宿に関するお役立ちコンテンツ満載です。

もう一つが、最初のこととも重なりますが、仲間ができることです。同じテーマで一緒に活動した仲間というのは、人間関係における宝ものです。



一生の友達になることもできます。晴れて運転免許を所得しても、実際に運転してみると仲間に相談したいことなども出てきますし、運転を離れても相談相手になってもらえる親友ができるわけです。